パパ活

一度パパ活しちゃうと、自分の価値が女としての価値だけだという思考回路になっちゃうんだよね。
そして男の価値も、金だけだと思ってしまう。
最初、パパ活してた時は、色々と条件があったの。背は高い方がいいとか、年収がいくら以上とかね。
だけど、パパ活慣れてくると、男が出す金に差はないということに気付いて、どの男からでも、年収とか身長とか関係なく、金は金だろって。
男が金の価値に置き換わって、自分の価値が「女」という体だけになって、結局何も残らない。
二十代の頃は、その怖さに気付かなかった。
30になって、やっと自分の市場価値が下がったことを思い知って、とたんに慌てた。
自分はもう終わりだ、この先に未来はないって。
デブのパパ活
そういう風に思って、何をするにも自信がなくて、結局自分は何をしてきたんだろうって、お金を稼いだこと、男から貢いでもらってた黄金期、過去の行いすべて、取り戻せないものだと実感したわけ。
30になった時に、パパ活の相手から捨てられたんだ・・・。
いずれその時は来るとは思っていたけど、まさかこんな風に30になったとたんにこんな目に合うとは思ってなかった。
一つ躓くとどんどんほころびが出て、最終的には何も残らない。
そして、20代と30代では、もうステージが違っていて、もう一生20代のステージには立てないという現実を思い知らされる。
そして、私に別の価値観を持てと言われても、今までそうしてきた価値観からなかなか抜け出すことはできなかったのね。
結局負け犬なんだって、敗北者なんだって、そういう思考から抜け出せなくなってる。
デート援
パパ募集掲示板

error: Content is protected !!